赤ちゃん 難聴 治る 治療

赤ちゃんの難聴は治療すればきちんと治るのでしょうか

スポンサーリンク

赤ちゃんにも難聴があるのをご存知でしょうか。
もちろん赤ちゃんは、まだ言葉をきちんと話せないので、会話によって判断することはできません。
そのため日常生活での音、たとえばお母さんがあやす声とか、テレビなどの音への赤ちゃんの反応が決め手となります。
もしこれらの音への反応が鈍い場合は、難聴の疑いがあります。
難聴には3つの種類があり、それぞれ伝音性、感音性、そしてその混合型となります。
伝音性というのは、中耳炎などの病気が原因です。
この場合は治療をすれば治る確率が高いです。
感音性というのは、神経性のものなので、治療は補聴器や人工内耳をつける方法となります。
金剛型の場合は、元々伝音性であったものが、もととなる病気を、完全に治るまで治療していないなどが原因で、感音性となってしまうものがあります。
ですから、赤ちゃんに耳の病気がないかどうか、きちんと見ておく必要があります。
耳をやたら触っていたり、痛がっていたりする場合は、すぐに耳鼻咽喉科に連れて行きましょう。

スポンサーリンク

特に赤ちゃんや子供の場合は、風邪の後などは中耳炎になりやすく、難聴や耳の痛みを訴えることがあります。
風邪は治る病気ですからきちんと治し、もし中耳炎になった場合は、まず痛む部分を冷やして、耳の中以外の耳垂れを拭くようにしましょう。
病院での治療は、必ず治るまで続けましょう。
少し治ると、治療を中断してしまいがちですが、それでは完璧に治ることはありませんし、かえって病気が悪くなり、伝音性難聴が起こりやすくなってしまいます。
また赤ちゃんや子供の場合は、その他にも外耳道閉鎖症や外耳炎、髄膜炎なども原因となりますので、これらの病気も治るまできちんと治療を続けてください。
また赤ちゃんの感音性難聴の治療ですが、言葉の習得のことを考えて、早めに装着するのがいいでしょう。
通常は1歳以上であれば、手術を受けて装着することができます。
人工内耳は基本的に保険適用となり、これで聴力はかなり回復します。
それからもし難聴で言語習得が遅れている場合は、指導システムも準備されています。

スポンサーリンク