突発性難聴 両耳 症状 耳鳴り

突発性難聴は片側の耳鳴りが特徴だが両耳に症状が出ることもある

スポンサーリンク

突発性難聴は、その名の通り何の前兆もなく突発的に起こる難聴です。
通常は片耳だけに発症しますが、両耳に症状が出ることもあります。
突発性難聴は後で医師からその瞬間を訊ねられてもはっきりと答えられるくらい、劇的に発症します。
通常は難聴に加えてめまい・耳鳴り・耳閉感などを伴います。
めまいや耳鳴りはその場に立っていられないほど強く、数分から数十分持続します。
そしてめまいや耳鳴りがある程度治まった後に、片耳または両耳が聞こえづらくなっているのに気づくというのが標準的な経過です。
なお、両耳に症状が出る時はめまいがそれほど強くないことがあります。
というのも、めまいは耳の奥にあって平衡感覚をつかさどる器官である内耳に故障が発生し、左右のバランスに狂いが生じることで起こるからです。
また、耳鳴りと耳閉感についても、両耳でその程度が異なることがあります。
しかし片耳だけにせよ両耳にせよ、突発性難聴が非常な不快感を伴う病気であることは変わりありません。

スポンサーリンク

突発性難聴がなぜ起きるかについては、現在のところよく分かっていません。
ウイルス感染説・血行障害説・ストレス説などさまざまな仮説が出されていますが、いずれも決定的ではありません。
なぜ両耳より片耳の発症が多いのかについても不明です。
発症する年齢や性別にも明確な特徴がなく、誰にでも起こる可能性のある病気です。
突発性難聴の治療は、早期治療がカギとなります。
耳鳴りなどの症状が出てから1週間以内に治療開始するのが望ましいとされています。
とは言え、めまいや耳鳴りがひどい間は立ち上がるのもままならないというのが突発性難聴の特徴です。
なので自ら動ける程度にまで症状が軽くなり次第できるだけ早く医師の診察を受けるようにします。
突発性難聴の治療は薬物療法が中心となります。
これは症状が片耳だけの場合でも両耳の場合でも同じです。
めまいや耳鳴りなどの症状の程度に合わせてステロイド剤・血流改善薬・ビタミン剤などを適宜組み合わせて処方します。
また、症状によっては、高気圧酸素療法と呼ばれる治療が選択されることもあります。

スポンサーリンク