難聴 飛行機 気圧 影響

飛行機に乗ると、気圧の影響で難聴がみられることもあります

スポンサーリンク

飛行機に乗って上空を飛んできるときに難聴がみられることがあります。
これは「航空性中耳炎」とよばれる病気です。
この病気の原因は、飛行機内での気圧にあります。
鼻の奥にある上咽頭の側面から、中耳とよばれる鼓膜の内側の部分に通じる管のことを耳管といいます。
この耳管は通常、中耳と外気圧の圧力を同じに保つように働く器官です。
しかし、飛行機に乗って気圧が変化すると影響を受け、さまざまな症状が出ます。
特に、上気道炎がある場合やアデノイド肥大がみられる場合に気圧の変化に遭遇すると、航空性中耳炎が起こりやすいといわれています。
アデノイド肥大とは、咽頭扁桃が大きくなっている状態のことをいいます。
症状は難聴の他、耳が痛くなったり、耳が詰まった感じがしたり、耳鳴りがしたりなど、主に耳が影響を受けて症状が現れます。
 また、飛行機だけではなく、高層ビルのエレベーターに乗って上階まで行くときや、高い山をドライブするときなどにも気圧の影響を受け、難聴などの症状が起こります。

スポンサーリンク

 飛行機に乗っているときに難聴が起き、その後診察を受けると、耳にさまざまな異常がみられます。
顕微鏡で見ると、鼓膜が赤くなっていたり、血管が拡張していたりします。
また、陥没がみられたり、中耳に液体が溜まっていることもあります。
さらに、耳管の咽頭開口部にむくみや発赤などがみられます。
 航空性中耳炎の治療は、難聴が耐え難いような重症の場合には、耳管の通りをよくする手術をしたり、鼓膜を切開する手術をしたりします。
 一方、軽症の場合には、難聴の影響がないように、飛行機に搭乗する前に予防をすることで解消します。
例えば、耳管の周囲に浮腫がある場合には、病院でとっておくようにします。
そして、かぜをひいているときには治るまで飛行機には乗らないことです。
かぜをひいていることで気圧の影響を受けて難聴が起こらないように心がけます。
また、点鼻薬や抗ヒスタミン薬を用いることでも気圧の影響を和らげることができます。
さらに、あくびや唾を飲み込むことでも、気圧の影響を少なくすることができます。

スポンサーリンク