難聴 車 運転 影響

難聴と車の運転の影響について

スポンサーリンク

難聴は様々な要因によって引き起こされます。
難聴が発生した時は車の運転に影響する事が多いです。
例えば難聴が起きると他の自動車の音が聞こえなくなるために、追突事故などの危険が発生します。
そのため難聴の場合は車の運転を控える事を推奨します。
難聴を引き起こした場合は、早期に耳鼻科に行くことを推奨します。
その理由は、耳鼻科で治療を早めに開始をした方が治療も早くなるからです。
特に突発性難聴の場合は早期治療がポイントなります。
またこの場合、耳鼻科への交通手段として自動車の運転は避けるようにしましょう。
また、気圧の変化によって耳の調子に影響が発生する場合があります。
特に急な峠道を長時間運転した場合に、一時的に耳が聞こえにくい状態が発生する場合があります。
この場合は時間の経過によって自然治癒する事が多いために、しばらく落ち着いて様子を見ると良いでしょう。
また耳鼻科の選び方は医師との相性を確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク

難聴を引き起こすと車の運転にも様々な影響が発生します。
例えば雨や雪道で視界が良くない場合、他の自動車やバイクの走行音が聞こえないと交通事故の可能性が高まります。
またウインカーの音が聞こえにくいという影響が発生するために、運転に支障が起こります、そのため耳の不調は耳鼻科の医師に相談をしましょう。
耳鼻科では問診と聴力検査を行います。
そして聴力検査によって、突発性難聴など何らかの病気が発見された場合は投薬治療を行うことが一般的です。
また、耳の薬は副作用として強い眠気が発生する場合があります。
そのため車の運転にも影響が起こるために、運転は中止しましょう。
さらに難聴は心理的なストレスが影響する場合があります。
具体的には心配事や怒りの気持ちが聴力に影響するのです。
そのためこのような場合は耳鼻科と同時に心療内科も受診することを推奨します。
心療内科で抗不安薬やパニックを抑制する薬を処方して貰うことによって聴力が回復するケースがあります。

スポンサーリンク