髄膜炎 難聴 治療

髄膜炎と難聴の治療について

スポンサーリンク

髄膜炎という病気があります。
髄膜炎という名前を聞いたことがあるという人が多くなっていますが、実際にどのような特徴があるのかわからないという人も少なくありません。
髄膜炎は子供が発症すると非常に恐ろしい病気となっていますが、大人が発症しても難聴などの後遺症が残ってしまうことがあるので、十分に注意をしなければいけないようになっています。
髄膜炎の原因となっているのは、ヒブや肺炎球菌などの最近となっています。
これらの治療を行うためには、入院をして抗生物質を投与することが必要になります。
しかしこのような治療を行っても、薬の効果がない耐性菌というものが存在します。
これによって死亡したり難聴や脳障害などの後遺症が残ってしまうことがあります。
したがって髄膜炎は安易に考えてはいけない病気となっています。
髄膜炎の治療に関しては、新しい抗菌薬が開発されていますが、耐性菌が増えていると言うことで、難聴などの後遺症が残る可能性があります。

スポンサーリンク

その中で無菌性髄膜炎という病気があります。
これは難聴など重い後遺症が残る可能性があります。
おたふく風邪による無菌性髄膜炎の場合には、難聴を合併することが多くなっているので注意が必要となります。
したがって難聴などの後遺症を残さないためにも、しっかりと治療を行う必要があります。
治療方法としては早期発見や早期治療を行うと言うことが基本です。
自己判断をせずに専門医を受診して適切な治療を受けることが必要になります。
治療以外にも難聴を引き起こさないためにできることがあります。
それは普段からしっかりと予防をすることになります。
髄膜炎は子供だけではなく大人でも発症し後遺症を残す可能性があります。
したがって予防接種をしっかりと行うことが必要になります。
とくに子供の場合は予防接種を行うことで、発症の可能性を大きく下げることができるので効果的です。
わからないことがあれば小児科医に相談をするという方法もあります。

スポンサーリンク