難聴 症状 耳鳴り

難聴の症状と耳鳴りについて

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、耳鳴りを感じるという人がいます。
耳鳴りの原因はいくつかのことが考えられていますが、耳鳴りを感じる多くの人は、自覚症状がなくても聴力検査を行うと難聴の症状が見られるというように考えられています。
それだけ耳鳴りと難聴の関係は大きいと考えられています。
難聴という症状がありますが、難聴は音や話し声などが聞こえにくい状態のこととなります。
耳鳴りの症状があっても聴力は低下していないという人もいますが、高い音や低い音というように一定の音域だけが聞こえにくくなることもあります。
したがって実際に自覚をしていないという人も少なくありません。
加齢が原因となって発生する老人性難聴というものがありますが、この場合高い音から聞こえにくくなっています。
毎日の生活の中で高い音を耳にすることが少なくなっているので、実際に難聴を引き起こしているときがつかないことが多くなっています。
耳の病気が原因となって耳鳴りが発生していることがありますが、その多くは難聴を併発していると言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

この病気は早期発見をして早期治療を行うのが大切となっているので、症状が長引いているというような場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診する必要があります。
なぜ耳鳴りと難聴が一緒に現れるのか気になります。
それは集められた音が電気信号に交換されると言うことが関係しています。
空気の振動を電気信号に変換していますが、この変換を行っているのが感覚細胞となります。
ここに何らかの障害が発生すると、音がなくても電気信号が発せられるようになっています。
その結果聞こえが悪いという症状が現れるようになっています。
感覚細胞のトラブルが耳鳴りの症状となって現れるようになっています。
このような症状が現れやすい病気としては、突発性難聴やメニエール病などになります。
メニエール病は急に原因不明の激しいめまい発作が発生し、耳が詰まったような感じが現れます。
これは内耳の内リンパという液体が増えて内耳が大きく腫れて水ぶくれのようになっていることが原因となっています。

スポンサーリンク