難聴 種類 症状 ストレス 治療

難聴の種類と症状!ストレスが原因になることもある!その治療方法とは!?

スポンサーリンク

耳が聞こえにくい、音が聞こえにくい、急に耳が聞こえなくなってしまうものを難聴と言います。
日常生活ではイヤホンや大きい音を慢性的に聞いていたり、急にうるさい音を聞いた瞬間にもなる可能性があります。
またおたふく風邪や中耳炎などの病気の合併症として起こる場合もあります。

 

当サイトでは難聴についてのアレコレを詳しく載せています。
このページに書かれていないことは他のページにも載せていますのでご覧ください。
まずは基本的な概要についてお話していきましょう。

 

 

【音が聞こえる仕組み】
まず音が外耳と呼ばれる耳の表面から音が入ってきます。
その後、鼓膜を含む中耳を通り内耳へと伝わっていき、そこから電気信号に変わることによって神経を通して脳に伝わります。
この過程を経て音が聞こえるということになります。

 

【難聴がなぜ起こるのか!?】
上述した仕組みのどこかに異常が起こった場合に音が聞こえにくい、または音が聞こえないという状況になるのが難聴です。

 

【種類】
大きく分けると感音性と伝音性に分けることが出来ます。
その中でもさらに細かく分けられます。
「感音性」
内耳や神経に異常がある場合に起こるものです。
主な症状は聞き分けにくい、言葉が聞き取れない、間違えて聞こえるなど症状が起こります。
感音性は3つに分けることが出来ます。

・老人性難聴
・突発性難聴
・騒音性難聴

スポンサーリンク

「伝音声」
外耳や中耳に異常がある場合に起こります。
基本的に音を大きくしたり、声を大きくすることによって聞こえるようになります。
手術などの治療によって改善する期待が出来ます。
こちらも3つに分けることが出来ます。

・中耳炎
・耳硬化症
・鼓膜穿孔

 

このような種類がありますが両方に該当している場合には混合性難聴と呼ぶ場合もあります。
その症状は種類によっても異なりますが基本的には耳が聞こえなくなる、聞き取りにくくなることがほとんどです。
ただし突発性難聴のように詰まった感覚があったり、立ちくらみやめまいなどの症状が出る場合もあります。

 

【ストレスが原因で起こることもある!?】
実際にあります。
これは突発性難聴が該当します。
精神的なストレスや肉体なものでも起こると言われています。
詳しい原因というのは解明されていませんがストレスや過労によって起こることが実際にあるようです。

 

【治療方法】
難聴の治療方法はその原因によっても異なりますので一概にこれというようなことが出来ません。
中耳炎などの病気が原因となっている場合には中耳炎を治すことによって症状が緩和すると考えられます。
滲出液などが溜まっている場合には手術によって起こる場合もあります。
上述したような突発性の場合には安静を基本として治療を行っていきます。
ストレスが原因である場合には原因を取り除いたり、過労が原因である場合には疲れを取り除きリフレッシュするように促します。
重症化している場合には循環改善薬、向神経ビタミン製剤、副腎皮質ステロイドなどを用いて治療を行っていく場合もあります。

 

【何科を受診すればいいのか!?】
耳鼻咽喉科が専門になります。
問診および聴力検査によって検査を行っていきます。
補聴器が必要と判断できる場合にも耳鼻咽喉科で大丈夫ですが補聴器外来もあります。

 

【まとめ】
難聴になってしまったからと言って致命傷となることはほとんどありません。
しかし耳が聞こえにくいという状況は辛い症状になります。
しっかりと治療を行えば治るものもあれば、治りにくい場合もあります。
まずはしっかりと医師のもとで治療を行うことが大切です。

スポンサーリンク